Press "Enter" to skip to content

月別: 2010年10月

人類進化論 人類はどこへ向かうのか

今後ロボットは急速に進化を遂げるであろうが、それらが人間の能力を超えたとき、人間はどうあるべきかという問題を再度考える。
人間を超えたロボットからしてみれば人間は下等生物である。
その時、人はロボットがもつ優位性を拡張することで、ロボット人間になることを選ぶのか、下等生物として存続することを選ぶのかの選択を迫られる。
人間の能力を超えるロボットは、社会を作り、宇宙空間を開拓するだろう。
もし人が、進化を選ばなければ、ロボットが作る社会の外で活動する必要がある。
それはちょうど森の中で暮らす生き物たちのようなものである。