Press "Enter" to skip to content

月別: 2017年7月

10代で再考したい10の習慣

若い時に、これをやっっててよかったとか、これをやっとけばよかったなーというのがある。
そこで、10代だったら特に検討してほしい10の習慣を考えてみる。
・毎日繰り返す
継続は力なりというが、毎日の蓄積というのは何事においても大きいと感じる。
些細なことでもよいので、毎日同じ事を積み重ねられる習慣というのは、将来的にも役に立つ。
・本を読む
今はインターネットで検索というのもあるかもしれないが、本というある程度まとまった大きコンテンツを、
頭から最後まで、読んでいくというのは、重要な事だと思う。
とくに若いうちは薄く広く、あらゆるジャンルを、数多く読む方が良い。
・話を聞く
年をとると、あまり人の話をきかなくなる。
聞けるうちに聞いておくべし。
・フォローする
友人や、親の影響も小さくはないが、人生において身近ではない第三者から大きな影響を受ける事がある。
歴史上の人物だったり、ある分野の権威だったり、どっかの知らないおじさんでもよいが、
「この人はすごい」とか「この人面白い」という人を見つけて、その人が発信している情報を追跡する。
逆に、こういう人にはなっちゃいけないなという、反面教師(ダメ見本)的な人もある程度みつけておいても
よいかもしれない。
・自分を信じられる自分になること
重大な局面において、自分を信じる事が意外と難しかったりする。
・疑問を持つ、探す、調べる
疑問を持たないと、手や足や、脳というのは自分のためには働いてくれない。
・耐えること
石の上にも三年というように、無駄のようで耐えるとそれはそれで何かになったり、ならなかったりする。
若い頃の脳というのは前頭葉が発達途中にあり、耐えるのは苦手だったりするが、感情に振り回されない訓練も必要かと思う。
・他人(ヒト)と違うことを恐れない
無理に他人(ヒト)と違う事をする必要はないが、他人(たにん)の意見に流されていないか?
日和見主義は信頼されない。自分の頭で考え自分の判断を持つ習慣が大事。
その上で、これに関しては柔軟に対応して、他人に合わせようとかはOK。
・メモを取ること
記憶力というのは限界があり、重要な事も含めて忘れていくし、重要じゃないようなことでも、
記録しておくとあとで役にたったりする。
特に現在、通信機器や、コンピューターなどもあるので、必ずしも紙に記録する必要はない、
とにかく、記憶を補強する習慣が、人類のライフスタイルを補強することにつながると思う。
・旅に出る
半径3kmの世界は適度に居心地のよいものだが、外の世界には、もっと面白いものがあったりする。