Press "Enter" to skip to content

月別: 2015年6月

国内動向

・選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に
良いことだと思う。生物的に考えて、誰でも20歳過ぎたら、蛹(さなぎ)が蝶になるようにいきなり大人になるわけではない。
実際には徐々に大人になったり、ならなかったりするわけだが、法律としては20歳の成人という
ボーダーがあったり、18歳というボーダーがあったりして権利や責任の所在を区分するというものである。
選挙というものがいまいちわからないという若者に選挙を簡単に説明するなら、「法律を変える人・もしくは変えないようにする人を選ぶ」事だと言っておきたい。
直接民主主義ではないので、民意が直接反映されるような政治運営にはなっていないが、
それでも非民主主義国家と比較するならば、一票は重要で、価値のあるものである。
現在日本にはおかしな政治団体がいて、彼らが政治的な力をもつとおかしな法律を作ってしまう事になる。
選挙の投票率が低い事が、おかしな政治団体の拡大にも貢献しているように見える昨今、
選挙に行かない事は犯罪的だと思う。
・日経平均株価15年ぶりに2万円台を回復
ようやくあの時代までかえってきたんだな。
インフレ傾向だし、所得が増えたりしているわけでもないので、特に実感はないが、失われた時間を考えるとようやくここまでという所だと思う。
・マイナンバー
住基ネットの時のように、情報漏洩云々でまた導入が遅れそうな気もするが、
重要なのは、導入するかどうかではなく、導入の際いかに利便性と、セキュリティを両立させるかという事だと思う。すでに住基ネットははじまってるし、個人情報はすでに様々な場所に吸い上げられているのだから。
・日本は戦争に向かってるか
日本が世界とつながっている限り、常に世界のどこかで起こっているテロや戦争に全く関わらずにやり過ごすという事は不可能だろう。
世界が常に戦争を望んでいるわけではないが、格差や、思想の対立、不公平や、既得権者の権利の保護や拡大のため、火種は数多く存在しており、ともすれはそれは戦争へと繋がるものである。
国という単位が希薄になる現在、国同士の戦い=戦争という意味で言えば、従来に比べて戦争リスクは
下がっているという捉え方もできるが、武力を用いた、団体での対立という意味での戦争(紛争)に
関して言うなら、戦争がなくなる気配はない。
安倍首相が日本の軍事大国化を目論んでいるなどという記事があるが、
そんなナンセンスな事を目論んでいるとは到底思えない。
軍事力強化は、国の財政負担が増すばかりで、意味がない。
各国が軍事力を高めた結果、各国の核兵器の保有状況はこのようになっている。
国における軍事としてもっとも大事な事をは国民の人命と、国の財産を守る事だと思う。
今の日本のセキュリティ状況はどうだろう?
憲法や自衛隊という組織を見直す事は、脆弱性を持った軍事組織に対して必要なセキュリティアップデートだと私は思う。
ただし、そもそも人間同士の対立なんてしている場合じゃなくて、これからの時代、ロボットやら、
動物人間との対立や主権争いなども起こり得るわけで、守るべきものは、人類の存亡だったり、文化や、思想・哲学なんだと思う。
あなたが守るべきと思うものはなんですか?資産?領土?文化?見栄?哲学?健康?