電車やバスで「ペースメーカーに害を及ぼすから優先席付近でのスマフォ使用禁止」というのがあるが、 しばらく以前に「携帯電話やWiFiはペースメーカーに影響を及ぼさない」という調査が総務省から発表されている。

にもかかわらず、いつまでもそんな差別的(ペースメーカー使用者を優先席に追いやろうという)でカルト的な洗脳電波を発信し続けているバス・鉄道会社は本当に気色悪い。


そんな、鉄道会社が最近、エスカレータでの歩行を禁止するような呼びかけを行っている。
エスカレーターの右もしくは左をあけておくのは、比較的通行量の多い場所では世界的なルールだが、今度は何?

エスカレーターメーカーが、事故やトラブルの言い逃れとして、「歩行する想定に作っていないので」と言ったのを持ってきて また消費者を、洗脳電波で汚染しようとしている。

たしかにまあ、鉄道会社のエスカレーターなのだから、ローカルルールを決めるのも自由だとは思うが、
禁止のアナウンスが利用者に伝わらない場合、急いでいて、通りたい人と、片側をあけてない人とでトラブルになる事は想像するにたやすい。
(優先席付近でのスマホトラブルなどと同様。そんな中途半端なローカルルールを決めたらトラブルを増やすだけだろうと思う。)

そもそも片方あける理由は
車でいうところの追い越し車線とほぼ同様の意味であけている。
※ただし混雑時に無理にあける必要はない。

【誰のためのルールか】
「みんなのもの」とは言ってもエスカレーターの利用を禁止されているケースが存在する。
「ベビーカー」「クロックスのようなサンダルを履いている」「動物」などは禁止となっている。
エレベーターに関しては最近、健康な人は、エスカレーターか階段を使うことを促すような掲示がされている事を見かける事もある。

単純化するために「急ぎたい人」「楽をしたい人」「階段がしんどい人」
の3つの立場で考えてみる

急ぎたい人は、
・片側をあけて欲しい
エスカレーターの速度を上げて欲しい

楽をしたいだけの人は
・通りたいひとがいるならあけといたほうがいい。
・片側をあけておく必要はない(どっちでもいい)
・片側をあけるのは嫌だ(横を通るひとがいるとぶつかる事もあり得る)
肯定派、否定派、どっちでもいいというのにわかれるだろう。

階段がしんどい人で考えると
・エスカレーターはゆっくりにして欲しい
・乗り降りに時間がかかるので、詰めずにもっと間隔をあけて欲しい。
元気な人は階段を使って欲しい
などと思っている人もいるかと思う。

じゃあ階段は安全なのか?早いのか?というと、全然そんな事はない。
特に雨の日の下り階段はすべりやすく、エスカレータ以上に危険だと思う。

ケースによる片側あけの意味
都市部の深い地下鉄の場合、長い階段があって、階段はしんどいのに対し、
エスカレーターに急に人が押し寄せ、それでも片側ルールのため乗るための行列ができてしまう事がある。
混雑している場合、左右並んで乗る方が全体の混雑は緩和されるのだが、
混雑時ルールを適応すべきか、判断が難しいため、このような現象が時々見られる。

【公共とはどうあるべきなのか】
理想としては誰もが心地よい状態が望ましいが、心地よい状態というのは人によって様々だ。
そもそも知らない人と狭い空間に居ること自体が多少なりストレスなのであって、他人がストレスを感じないよう、
ある程度の自己の無害化と、他者の不快活動をある程度許容する必要が生じる。
誰もが沈黙し、人畜無害である状態が目指すべき姿というわけではないし、だれもが好き勝手に行動するというのも違う。
大きな迷惑をかけずに小さな迷惑は許容する。それが公共の基本的なあるべき姿だと思う。
もちろん、時と場合によっては、大きな迷惑を許容しなければいけない時もあるし、小さな迷惑を看過できない場合もある。

【なにを優先すべきか】
これは人それぞれ異なるだろうが、私の意見として

・安全性
エスカレーターは機械であり100%安全な機械なんてない。
多少の危険は、そこで歩くか否かにかかわらず、そもそも存在していて、実際に事故も起こっている。
安全性の面で一人1段とするなら、もう少し幅の狭いエスカレーターを2機用意したらいいと思う。
もし手すりにつかまることが、安全上重要だとしたら、両手で手すりを持ったほうがより安全なはず。
急停止するときに危ないというが、歩いてなくても急停止は危ないし、そういう問題だったら、電車やバスでも急停止は危ない。

そういう点でいうと、幅の広いエスカレーターは、片手でしか掴まれず、設計上危険ということになるかもしれない。
そもそも高齢者配慮のマナーだったら、1段づつあけるとか、速度を落とすとか、もっと別の配慮が必要だと思う。
酔っ払いが乗って、上から転げ落ちてきたら、片側云々の前に超危ない。安全第一なら全てのエスカレータに人員を配置して、 足元がおぼつかない人は乗せないようにチェックすべきだ。

・運搬効率
運搬効率を上げるために、もう少しエスカレーターの速度を上げるべき。

(1)1段2人ずつのイメージ(混雑時の乗り方)
(2)一段ずつあけて乗るイメージ(安全性に考慮した乗り方)
(3)運搬効率アップの例[1段に3人&エスカレーターのスピードアップ])
(4)片方をあけ、急ぐ人は歩いた場合のイメージ
「片あけは効率が悪い」の嘘。
まず、片空けは効率悪いといえるのは、混雑時だけであり、ほとんど誰も乗っていない時は、片方をあけようがあけまいが、 効率の比較としては該当しない。
都会で朝エスカレータを見ていればわかるが、止まって乗っている人が中間に来たぐらいには、歩行側はすでに降りている。
両方歩けば、同じ時間で2倍の人数を運べるという事になる。
単純にいうと、エスカレータが階段で歩くのと同等もしくはそれ以下の速度になっているという事である。
例えば、高速道路の追い越しレーン。追い越しレーンはなくしたほうが安全性は増すかもしれないが、効率はよくならないのと同じである。
確かに誰も片側を通らない(長いエスカレーターなど)のに、片側に乗るために一列に並んで乗るのは無駄である。
混雑していないのに、歩行者ブロックをしようなんてのは、「危ないから、救急車はきてもブロックしよう」なんていうようなもんである。
くれぐれも、どこかのサイトで、「片あけは効率が悪い」などという結論ありきで設定されたシミュレーションを見て、それを鵜呑みにしてはいけない。

とにかくまあ私が言いたい事としては
・エスカレーターの速度をあげるべし。(運転速度を遅く設定しているもの)
・公共設備などで、エスカレーターでの歩行は危ないという注意喚起はしてもよいが、  あけないこと(歩行ブロック)を推奨するべきではない。
・メーカーが、エスカレーターでの歩行が本当に危ないといってるなら、上り下りを強くアフォードしている今のデザインがおかしい。
 幅を狭めるとか、段差を高くして普通に上がりやすい段差にしないとか、一段から数段おきに空段を設けるなどすればよいだろう。
 もし物理的に空段を作るのが難しいなら、既存のステップに乗車禁止のステップをいくつか作り、乗ったらセンサーで停止するようにするならどうだ。
・混雑時には詰めて乗るようアナウンスを行うほうがよい。
(通行量に応じた自動アナウンスでもよいと思う。)
ついでなので、エスカレータの使用に関しては
・エスカレーターの下りた所で立ち止まる人がいるが後ろが詰まるので大変危険。
・手すりにつかまるのは、安定上重要だが、もたれかかると巻き込まれることがあるので注意。
ということも添えておく。

参考:
交通事故より多い、転倒・転落による死亡事故

エスカレーターの正しい乗り方

歩いてほしくないなら、「歩けないエスカレーター」を作ればいいだけの話